赤面症の克服のためのトレーニング

脳科学から赤面症を分析

雑念を払う方法『ラベリング』

突然浮かび上がって来る、厄介な雑念を払う方法は、いち早く雑念に気づき、ラベリングをしていくというやり方を、地道に繰り返して、クセづけするのがいいと思います。雑念にはいろいろな種類がありますので、浮かび上がった雑念を分析してみるのも自分を取り戻す技のひとつです。
脳科学から赤面症を分析

苦手な人との接し方で悩まない習慣をつけよう

職場や学校で、なぜか、この人と接するときだけぎこちなくなってしまう。 なんだか苦手だなぁ。 そんな相手っていませんか? 他の人達とは普通になんの感情も持たずに「普通」に接することができるのに、Aさんが現れただけで、なぜだか対応がぎ...
脳科学から赤面症を分析

クセを直すのではなく上手く利用して夢を叶えよう

クセを直すのではなく、クセは夢を叶えるために上手く利用できます。 クセとは、一般的に良くないものと認識されています。 「そのクセ、やめたほうがいいよ」とか、あのクセさえなければなあ」とか。 しかし、あなたのクセの中には、他人に悪い...
スポンサーリンク
赤面症の克服のためのトレーニング

冷静な人の特徴を分析して動揺しやすい自分にさよならしよう!

赤面している時って、動揺している時ですよね。 顔を赤くしながら物凄く冷静な人ってのがいたら、お目にかかりたいものです。 いや、策士の女性にはそんな人もいるかもしれません。 とはいえ、まずほとんどの人は赤面している時は動揺してます。 ...
赤面症と恋愛

消極的な人が仕事と恋愛で大逆転をかますための赤面症解消術!

顔を赤くしているあなたは、仕事でも恋愛でも、面と向かっている相手との力比べに負けていると言ってもいいでしょう。 そうです。負けているのです。 闘っていないとしてもすでに負けています。 それは消極的な人の特徴でもあります。 完全な...
赤面症の克服のためのトレーニング

赤面症という洗脳を解く方法

自分は、上がってすぐ顔が赤くなるから、赤面症なんだ。 これは思い込みです。 自分で自分を洗脳した結果です。 自分で自分を決めつけて、レッテルをはり毎回赤面して嫌になって落ち込んでいたら世話ないです。 自分で自分に否定的な自己暗示...
赤面症の克服のためのトレーニング

赤面の恥ずかしい出来事を良い思い出として脳に記憶し直そう

人生を今まで生きてきて、恥ずかしかったり、焦ったりして、赤面してしまった出来事は、何回くらいありましたか? それらを全て記憶しているとしたら、それは逆に凄い才能です。 顔が赤くなった出来事の大半は記憶できていないのに、自分は赤面症だとい...
赤面症の克服のためのトレーニング

赤くなることを考える前に行動しよう!

真面目な人ほど、自分の内面にばかり意識が向いてしまいます。それは自分が赤面するであろう場面を、その直前に自分の頭の中に瞬時に想像させてしまいます。その結果自分を緊張させ、その通りになってしまいます。そうならないようにはどんな方法があるのか、考えて見ましょう。
赤面症の克服のためのトレーニング

姿勢と表情を良くすると好循環が訪れ評価も上がる

意識的に姿勢を良くして、良い表情で仕事をしていれば、ゆっくりと、遠くから評価が上がり巡り巡ってあなたに好循環が生まれるというお話です。 やがてあなたに自信が回復し、自己評価も高まり、赤面症もきっと和らいでくることを願って。 自信のなさは...
赤面症の克服のためのトレーニング

自虐ネタは面白いけど程々にして、爽やかな笑顔をつくろう

あなたは、人と面と向かって話をするとき、爽やかな笑顔で相手の顔を見て話ができますか? 最近、爽やかな笑顔で話をした記憶がありますか? 思い出してみましょう。 いつか爽やかで晴れやかな笑顔ができる日をイメージして 笑顔で話をする事は、...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました