スタバやマックでの注文やレジで緊張してしまうあなたへ

あなたは「スタバ女子」ですか?

だったら何の問題もありません。

でも、世の中にはスタバやマックなどの注文カウンターでのやりとりが、物凄く苦手な人も大勢いらっしゃいます。

どこを見てたらいいのか分からないとか…。

そんな緊張しいの人でも気持ちよくカウンターで注文できる。

そんな方法を提案します。

スポンサーリンク

レジでのやり取りでも緊張してしまう

スタバやマックなどのファストフード店で注文する時や、コンビニのレジでさえ、緊張してしまってドギマギしてしまう事に悩んでいるあなた。

赤面してしまうあなた。

スムーズにカッコよく注文して、イケてる感じを出して、スタスタとテーブルに向かうオフィス街のビジネスマンやOLさんを自分に投影しているはずですよね。

しかし実際は、緊張してカウンターの注文スタッフさんとのやりとりがぎこちなくて自分に幻滅…。

スタッフさんの『笑顔は0円』だというのに…。

でも私は、そんな純粋な照れ屋の人って好きだなあ。

絶対好感が持てます。

関連記事
レジ係のアルバイトは赤面症でも出来ますか?

 

あがるのは、完璧にやろうとするから

多分あなたは、自分ではそう思っていないかもしれませんが、案外、完璧主義者なのではないですか?

自分の理想通りにいかないと、すぐ気持ちがダウンしてしまうような…。

 

あなたの周りにいませんか?

自分はダメだ、自分はダメだと言いながら、周りの人の水準より全て上回っている人。

なに悩んでんねん!

我々に対しての嫌味か︎って言いたくなる人。

あなたの中にもそんな所が僅かながらあるのかもしれません。

完璧を求め過ぎるから、失敗を恐れてあがってしまうのです。

 

関連記事
過去の失敗の記憶を思い出す時は脳の前頭前野で書き換えろ!

 

自分の価値観のポジションがどこなのか調べてみましょう

自分ひとりで悩んでいるあなた、ちょっと隣に座っている同僚は、同じ状況でどんな対応をしているでしょうか?

  • 隣の隣の人は?
  • 課長は?
  • 部長は?

自分の価値観が一般の基準と比べてどの辺なのか、まわりにいる人と比較してみると、客観的になれるます。

まわりにいる人間達の中で、自分がいちばんまともだった。

なんて気づくこともありますよ。

観察して真似してみましょう

とりあえずは、周りにいる人をさりげなく観察してみましょう。

あなたの身の回りにいる人たちがスタバやマックのレジカウンターのスタッフさんにどんな対応をしているのか。

ファストフードのレジカウンターのスタッフさんが目を見つめてきた時、笑顔でお釣りを渡してきた時、笑顔を返している?ずっと下を向いている?

注文をしている時の態度は?

そんな場面に遭遇したなら、それを覚えて置いて、記録しておきましょう。(知られないように)

  1. 課長:注文の時、相手の目を見ない。
  2. つり銭を受け取る時、偉そうだ。

などなど。

ちょっと気が楽になると思います。

いろんな対応をする人がいて、多少、自分が無礼な人間、愛想のない人間でも、何事も無く日々が過ぎていくのが実感出来るでしょう。

スタバやマックなどのファストフード系のお店のスタッフさんは相手の目を見て明るく対応するようにマニュアルがあるのでしょうが、お客は無理して爽やかに注文する義務はないのですから。

あなたは大勢の中の1人でしかない

機会がある毎に、マックやスタバに行った時、お客の注文の仕方、視線の持っていき方など、100人ほどの統計をとってみましょう。

統計の中で、いちばん多い対応の仕方をあなたは取りあえず、真似しておきましょう。

でもそんな暇なことをしてる時間がない人が大半でしょうから私がいつもスタバやマックの注文カウンターでの一般客を見ていて思うことを下に書きました。

観察してみると、ろくな客がいないことに気づきます

スタバやマックやバーガーキングなどの注文カウンターでやりとりをしているお客さんの態度を実際に観察してみると…。

ジェントルな注文をしているお客のほうが少ないと思えるくらいです。

ぶっきらぼうに商品を注文して横柄な態度のお客が目立ちます。

そのような人はグレースーツ系のサラリーマンに多く、逆にガテン系の人達は、とても感じがよく爽やかだと聞いたことがあります。

あなたがもし、グレースーツ系のビジネスマンなら気をつけましょうね。できれば爽やかに…。

スタバやマックのカウンターのスッタッフさんたちは、よくこんな横柄な群衆に笑顔をつくれるなあなんて感心してしまいます。

金払ってんだから文句ないだろと、態度の悪いお客さんに逆襲されてしまいそうですね。

こういう態度の悪いお客たちは、「注文の時のやりとりって緊張して苦手だなぁ。」なんて気持ちは起こってこないでしょう。(逆に苦手だから態度が悪いのだろうか?)

だから、あなたもぶっきらぼうでいいんだよとは言いません。

多少、緊張して、へんてこりんな注文して???となってしまっても、よく見かける無礼なお客より何十倍もグッドですと私は言いたいのです。

なんだろう、私が感じるのは立ち食いそば屋さんのほうが、帰り際に

「ごちそうさまでした」

「ありがとうございました。」

の言葉の交換があっていいなと感じてしまいます。

「ごちそうさま」というと、必ず料理馬の人が聞いていて声を返してきます。

マックでカウンタースッタッフに「ごちそうさまでした。」は言いにくいですよね。

トレーのゴミを捨て場に置く時に「そのまま置いておいてください。」と言われた時だけは、ちょっとほっこりしていいですよね。

狭めのバーガーキングなんかは「ありがとうございました。」の声をかけてくれるので、私は無視している感じがないように軽く会釈をしてドアを出ます。

いつかあなたもスタバにMac(マック)を持って…。

なにやら巷では、スタバにノートパソコン、特にMacを持ち込み、コーヒーを飲みながらカタカタとキーボードを叩く。

『スタバでMac』というのがイケてる系の種族として認知されているらしいですぞ。

あなたも、コーヒーぐらいなら緊張せずに注文できるでしょうから、ノートPC片手に『スタバでMac』族を気取ってみてはいかがですか?

きっと自己陶酔できるはずです。

関連記事

●エレベーターで二人きりの沈黙が苦手なあなたへ

●苦手な人との接し方で悩まない習慣をつけよう

タイトルとURLをコピーしました