脳科学から赤面症を分析

苦手な人との接し方で悩まない習慣をつけよう

職場や学校で、なぜか、この人と接するときだけぎこちなくなってしまう。 なんだか苦手だなぁ。 そんな相手っていませんか? 他の人達とは普通になんの感情も持たずに「普通」に接することができるのに、Aさんが現れただけで、なぜだか対応がぎ...
脳科学から赤面症を分析

親の行動が自分の性格に与えた影響を分析して殻を破ろう!

自分の親がどんな人かを分析してみましょう。 人は誰しも、自分の親の行動から影響を受けて育っていきます。 生まれて、無の状態からあなたというパーソナリティーが作り上げられる過程で、多大な影響を親から受けています。 それはもう、潜在意...
赤面症と恋愛

イケメンなのにモテないのはなぜか

イケメンなのにモテない奴っています。 しかし、モテないにはモテないなりの理由があります。 男の私が、モテない男についてアドバイスはできませんが、モテないイケメンを見ていて思うことや、実体験として感じた事は伝えられると思いますので、参...
スポンサーリンク
脳科学から赤面症を分析

赤面症になりたい人の心理は?なろうとしてなれるのか?

世の中には、赤面症になりたいという人もいるらしいのです。 とは言っても、そんなこと私は信用していません。 赤面症がどんなに辛いか、身をもって体験しているからです。 しかし、本当に赤面症になりたいなんて人がいるとしたら、どんな類の人...
赤面症と恋愛

思春期の男子の心理。虚無感を感じる時期のあるある

思春期の男子の心には、ある種の虚無感が漂っています。 誰にでも起きる心理状態ではないとは思いますが、若い男子に起こるこの虚無感のあるあるネタを体験的に紹介します。 あなたと感覚を共有できるでしょうか? 思春期の虚無感は大人への階段...
赤面症の発想の転換

潜在意識で顔が変わると赤くならなくなる

潜在意識を書き換えることで顔が変わるというのは、本当です。親からもらった遺伝子の他にも親の考え方を潜在意識下に書き込まれていれば、親の仕草や表情筋の使い方も似てくるのでDNA以外の要因でも顔が親ににてくるのです。そう考えると、親から影響を受けた潜在意識を書き換えることによって顔を変えることもできるはずです。そしてそれと同じく行動様式が変われば、すぐに顔が赤くなってしまうという悩みも克服できるはずです。
脳科学から赤面症を分析

「大好き」と思う気持ちで幸福になろう

あなたは最近、普段の生活の中で、人や物、趣味や出来事などで心から「大好き!」と思った記憶はありますか? 家族、恋人、食べ物、趣味。 心の底から「大好き」と思うことが出来ている人は心配ないとして、 最近、考えてみればMAXで「大好き...
脳科学から赤面症を分析

クセを直すのではなく上手く利用して夢を叶えよう

クセを直すのではなく、クセは夢を叶えるために上手く利用できます。 クセとは、一般的に良くないものと認識されています。 「そのクセ、やめたほうがいいよ」とか、あのクセさえなければなあ」とか。 しかし、あなたのクセの中には、他人に悪い...
赤面症でも友達が欲しい

新しい環境に早く慣れる方法とは

クラスが変わったり、職場が変わったり、新しい環境は最初は落ち着かないものです。 しかし、ほとんどの場合、環境に順応して、上手く日々を過ごせるようになっていける。 というのが一般的な考え方ですが、実は少なくない人々が、自分の置かれた環...
赤面症の緊張を和らげる

良い出来事を書きためて読み返し、未来のために使おう

人は誰でも、ネガティヴなことのほうを思考しやすいようになっているのだそうです。 良いことが自分に起こっても、数多くのネガティヴな思考に紛れて、それらの良い出来事の感情を忘れてしまっては、すごくもったいないと思いませんか? そこで私は...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました