脳科学から赤くなる人を分析

脳科学から赤くなる人を分析

赤面症になりたい人の心理は?なろうとしてなれるのか?

世の中には、赤面症になりたいという人もいるらしいのです。 とは言っても、そんなこと私は信用していません。 赤面症がどんなに辛いか、身をもって体験しているからです。 しかし、本当に赤面症になりたいなんて人がいるとしたら、どんな類の人...
脳科学から赤くなる人を分析

「大好き」と思う気持ちで幸福になろう

あなたは最近、普段の生活の中で、人や物、趣味や出来事などで心から「大好き!」と思った記憶はありますか? 家族、恋人、食べ物、趣味。 心の底から「大好き」と思うことが出来ている人は心配ないとして、 最近、考えてみればMAXで「大好き...
脳科学から赤くなる人を分析

クセを直すのではなく上手く利用して夢を叶えよう

クセを直すのではなく、クセは夢を叶えるために上手く利用できます。 クセとは、一般的に良くないものと認識されています。 「そのクセ、やめたほうがいいよ」とか、あのクセさえなければなあ」とか。 しかし、あなたのクセの中には、他人に悪い...
脳科学から赤くなる人を分析

幸せそうな人たちを真似することで自分の心も変えていける

他人の幸せを自分のものにする。 あなたは今、幸福感を感じられていますか? 幸せと感じているなら大丈夫です。 でも、こんな経験ありませんか? 自分の事を充実していると言い聞かせても、偶然目に入った、とても幸福そうな恋人たちやファミ...
脳科学から赤くなる人を分析

恐怖心をなくす方法を知って自分の赤面を落ち着かせよう

言い知れぬ恐怖心を誰しも感じることがあります。 自分の安定している精神状態が何者かによって変化させられるような予感。 新しい出来事が起こる前に起きるネガティブな情動不安。 いったいなぜそのようなことが起こるのでしょう? その言い知れ...
脳科学から赤くなる人を分析

赤面を抑えるために副交感神経を優位にしてリラックスする方法

赤面してしまっている時は、自律神経の交感神経が優位になって緊張している状態です。この、交感神経優位の状態を、副交感神経優位の状態に変えてリラックスすることにより、赤面を抑えることが出来るようになるでしょう。
脳科学から赤くなる人を分析

過去の失敗の記憶を思い出す時は脳の前頭前野で書き換えろ!

顔が赤くなってしまうのは、自律神経の交感神経が優位になってしまっているからですが、そのいたずらは、脳が過去の失敗の記憶を思い出すことによって、恐怖や興奮を呼び起こし、自律神経にまで影響を与えるからです。 今回は、脳が自律神にまで影響を与えるその前に、赤面症の原因を抑える考え方と練習です。
脳科学から赤くなる人を分析

顔が赤くなる理由を脳科学を理解して心を落ち着かせよう。

赤面症や赤面恐怖症は、いわば見えない的と戦っているようなものです。 好きな人に対する時、その人を考えるだけでも赤面症してしまう。 突然、好きな人の名前を誰かが出しただけでも自分の顔が赤くなってしまう。 誰だ!私に赤面症という試練を...
脳科学から赤くなる人を分析

パーソナルスペースが広いと自覚している赤面症の人への提案

自分のパーソナルスペースが広くて、人が近づくと緊張してしまう。おまけに赤面症だという人は、相当生活が辛いと思います。私もそれに近い状態ですが、そんな状況を少しでも和らげられたらいいとおもいませんか。今回は、パーソナルスペースに人が入ってきても、そして顔が赤くなるのを抑える気持ちの持って生き方のご提案です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました